No Fakeソリューション アパレル業界 HyperJ.ai の活用例

世界中で偽ブランドが横行する中で、世界で最も多い偽物のカテゴリーがアパレル業界です。デジタル化が進む中でスーパーコピーと言われる本物そっくりの偽物も多く出回り、大手ショッピングサイトや、ネットオークションなど、購入経路も多岐にわたり真贋鑑定も正規取扱店以外で購入した場合は難しいというのが現状です。
日本製品の偽物は、自動車部品、家電、医薬品が多く、日本国内全体の偽造品推定被害額は5兆7000億円ともいわれ、国家予算の5.6%相当に達しています。その中で日本のアパレルの被害は400億円ほどです。独特のプリーツで有名なイッセイミヤケのデザインで、バオバオイッセイミヤケというバッグは偽物が非常に多いことでも有名です。
MoMA(ニューヨーク近代美術館)デザインショップが作成している通販カタログの表紙にもなり、世界中で注目を集めましたが、悪質な偽造品をどうやって駆逐していくのか、決定的な対策が打てないままでいます。
最先端のブロックチェーン技術と独自のアルゴリズムにより、模倣品をなくし「日本製」かつ「本物」であることを証明するNo Fakeソリューション HyperJ.ai プラットフォームを活用することで、ブロックチェーン基盤の真贋システムを非常に高度な信頼性を持ち、かつ低コストで実現可能です。
HyperJ アパレル真贋アプリイメージ
従来のトレーサビリティでは、QRコード自体の偽造や、アクセスした先のサイトが不正サイトなどのリスクがありました。また、ブロックチェーンを使った真贋システムは高コストで実用化が困難 でしたが、リーガルテック社の新技術は、低コストでブロックチェ ーンを活用した自社専用の真贋システム構築を可能としました。模造品、偽造品の防止に、メーカー、ブランドの保護に、HyperJ.ai プラットフォームをご活用ください。
真贋システム構築について相談する

HyperJ.ai導入をお考えの企業様へ

次世代真贋システム構築