No Fakeソリューション コスメ業界HyperJ.aiの活用例

経済協力開発機構(OECD)の報告によると、偽造香水・化粧品の押収量は11年から13年で25%増大し、年間4610億ドル規模の海賊版・偽造品市場でも一段と拡大しています。偽物化粧品が健康に及ぼすリスクは甚大で、製造場所の多くは不衛生で、偽造品には塗料用シンナーや水銀、発がん性物質や危険水準のバクテリアが含まれているケースもあるといわれています。
最先端のブロックチェーン技術と独自のアルゴリズムにより、模倣品をなくし「日本製」かつ「本物」であることを証明するNo Fakeソリューション HyperJ.aiプラットフォームを活用することで、ブロックチェーン基盤の自社コスメブランドの真贋システムを非常に高度な信頼性を持ちかつ低コストで実現可能です。
HyperJコスメ真贋アプリイメージ
従来のトレーサビリティでは、QRコード自体の偽造や、アクセスした先のサイトが不正サイトなどのリスクがありました。また、ブロックチェーンを使った真贋システムは高コストで実用化が困難でしたが、リーガルテック社の新技術は、低コストでブロックチェ ーンを活用した自社専用の真贋システム構築を可能としました。模造品、偽造品の防止に、メーカー、ブランドの保護に、HyperJ.ai プラットフォームをご活用ください。
真贋システム構築について相談する

HyperJ.ai導入をお考えの企業様へ

次世代真贋システム構築