No Fakeソリューション 医薬品業界 HyperJ.ai の活用例

偽造医薬品の脅威は、世界的に増大しており、その流通量は750億ドルにも達しているといわれています。途上国では医薬品流通量の10~30%が偽物であると報告されるなど、患者・被験者の安全が大きく脅かされています。
故意に認可された本物の医薬品のように偽って、偽造医薬品を製造販売することは、治療効果が得られないばかりでなく、予期せぬ副作用により身体障害や死に至るといったリスクをもたらします。
日本においても以前からインターネットを介した海外からの個人輸入などによる偽造医薬品の流通ならびに健康被害が確認されています。税関による医薬品の知的財産侵害物品の輸入差止めは、2017年度迄の5年度合計で23万2000点を超えで、依然として多くの偽造医薬品が輸入されている実態が明らかになっています。
最先端のブロックチェーン技術と独自のアルゴリズムにより、模倣品をなくし「日本製」かつ「本物」であることを証明するNo Fakeソリューション HyperJ.ai プラットフォームを活用することで、ブロックチェーン基盤の自社医薬品ブランドの真贋システムを非常に高度な信頼性を持ちかつ低コストで実現可能です。
HyperJ 医薬品 真贋アプリイメージ
従来のトレーサビリティでは、QRコード自体の偽造や、アクセス した先のサイトが不正サイトなどのリスクがありました。また、 ブロックチェーンを使った真贋システムは高コストで実用化が困難 でしたが、リーガルテック社の新技術は、低コストでブロックチェ ーンを活用した自社専用の真贋システム構築を可能としました。模 造品、偽造品の防止に、メーカー、ブランドの保護に、HyperJ.ai プラットフォームをご活用ください。
真贋システム構築について相談する

HyperJ.ai導入をお考えの企業様へ

次世代真贋システム構築