日本の逸品、HyperJで

国内偽造品の推定被害額は、1年間で516億ドル(5兆7000億円)。日本の国家予算の約5.6%に相当します。「日本の匠が開発した日本の名品、逸品を偽造品によって損なわれないように守る」これがHyperJの開発目的です。
インターネット販売で急増したスーパーコピーと言われる本物そっくりの模造品や、海賊版と言われる日本独自の漫画作品のコピーがネット上に拡散し、その被害額だけでも500億円。中国では、草間彌生氏、村上隆氏の贋作を展示するイベントまで開催されるなど、パブリシティ権の侵害まで、偽造品の手法もますますエスカレートしています。
対策は様々実施されているものの効果は限定的でコストも増大する一方です。

既存の模造品対策

新技術のトレーサビリティ真贋システム

リーガルテック社独自の技術と、ブロックチェーンを活用した次世代 真贋システムHyperJ.aiは、”書き込まれた情報は改ざんできない”というブロックチェーンの特長を生かし、さらに従来のブロックチェ ーンでは困難だった、大容量の動画データ、画像データも登録可能な 次世代トレーサビリティ真贋システムとして開発されました。
リーガルテック社独自の技術力で、信頼性の高い、低コストで効果の高い、新しい時代の真贋システムが生まれました。LaaSで提供されるこのプラットフォームは、例えば、製造現場、生産現場のメーカーが 発信する安心な動画を簡単にアップロードしたり、改ざん不可能なブ ロックチェーンにシリアル番号を保存して、消費者は簡単にスマー トフォンで正規品かどうかを確認できる新しい形のNo Fakeソリューションです。

データとインフラにおける「HyperJ.ai」基盤技術

次世代真贋システムを支える基盤技術が、短期間でBigDataをAIに適したデータとして生成できるデータ加工技術と、ブロックチェーンの分散保管の特長を生かした独自のデータ保管技術です。リーガルテック社のLaaSプラットフォームはこの技術に支えられ、AI、ブロックチェーンという新しい時代のシステムを破壊的な低コストで提供することを可能としました。

HyperJ.ai導入をお考えの企業様へ

次世代真贋システム構築