HyperJ.aiで利用されるブロックチェーンは、どのタイプに分類されますか?

ブロックチェーンは、参加、運用する形式により、パグリック型、コンソーシアム型、プライベート型の3つに分類されます。「ネットワークの権限管理」、「参加者同士の信頼関係の有無」、「ネットワークの公開範囲」などにおいて特長があります。
HyperJ.aiでは、企業が構築しようとするビジネスモデルに応じてさまざまなタイプを提供することができます。

HyperJ.aiで採用しているブロックチェーンプラットフォームは何ですか?

ブロックチェーンプラットフォームは、EthereumのほかEOS、 Hyperledger、NEM、NEOなど様々なものが存在します。これらのプラットフォームは、開発手法、用途、コスト面などで大きな特長と違いがあります。
HyperJ.aiでは、プラットフォームを限定せず、企業のニーズに応じて最適なブロックチェーンプラットフォームを提供しています。

ブロックチェーンはなぜ安全なのですか?

ブロックチェーンは、暗号通貨を実現するために生まれた技術で暗号技術がベースとなっています。P2Pネットワークを利用してブロックチェーンデータを共有することで、中央管理者を必要とせずにシステムを維持することができます。
実際ブロックチェーン上のデータが改ざんされることは非常に困難ですが、万一書き家をされた場合には、その結果が異なってくるため検知をすることができます。

PoW、PoS、PoIの違いはなんですか?

ブロックチェーンプラットフォームにより、取引の整合性をチェックする方式が、異なりますこれをコンセンサス・アルゴリズム、つまり取引における合意方法のことをいいます。コンセンサス・アルゴリズムは、PoW、PoS、PoIという3つの方式があります。それぞれの特長は以下のようになります。

コンセンサスアルゴリズム

ハッシュ値とはなんですか?

ハッシュとは、データを通信する際に取引データを英数字の羅列に暗号化する技術のことです。主にデータの偽造や破損のリスクを防ぐための技術で、暗号化するための計算式を「ハッシュ関数」、そして、暗号化された英数字の羅列を「ハッシュ値」といいます。
ひとつのデータから算出されるハッシュ値は、何度計算しても同じ値となりますが、データがわずかでも違えば、まったく異なるハッシュ値へと変化するのが大きな特徴です。

ブロックチェーン技術の活用分野はどこにありますか?

ブロックチェーンは、本来の暗号化資産などの金融分野や、HyperJ.aiによる真贋対策のみならず、将来に渡り、様々な分野での活用が期待されている技術です。

ブロックチェーンのコストは掛かりますか?

分散されたデータベース間で情報共有が可能なこと、システム全体としてゼロダウンタイムの実現、高い改ざん耐性などがブロックチェーンの特徴ですが、一般的な中央集権型のシステムでこれらを実現しようとすると、相当のコストがかかります。そういった意味でも、ブロックチェーン技術は低コストで実現が可能です。

HyperJ.ai導入をお考えの企業様へ

次世代真贋システム構築